読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くされポンチの腐れ育成論(ポケモンSM)

ポケモンの育成論を考察、公開していきます。

(割とマイナー)受けトリミアン(ポケモンORAS)

受けっぽいトリミアンを育成




技は全然決まってない。
とりあえずは
でんじは/どくどく/コットンガード/バークアウト/おんがえし/ほえる/とんぼがえり/ねむる
持ち物はたべのこしかオボンかゴツメかカゴ


H212(16n+1
D252(ほぼぶっぱ
S44(準速メガヘラ抜き




f:id:ponchi_kusare:20150626020943j:plain
↑フリーではどくどくではなくバークアウトで使用
持ち物はオボン

いざ!



一言でいえば硬い
思ってた以上に硬い

特性が知られてることもあって特殊方面で攻められることが多かったが、Dに振っているお陰で半分も入らないことがしばしばあった
切り替えて物理で攻め直してくることも多かった。
その間にコットンガードを積んでおけばインファイトぐらいしか物理を心配する必要はないし、バークアウトも覚えるわんちゃんなので長い間居座ることも容易だった


で、どないすんねん?
予想以上のタフっぷりに驚かされはするが、現状の突破ができません
まあ間違いなく単体では活躍させることが難しい技構成でした

↓から机上論

とりあえずダメージソースとしてどくどくの採用が有力かも
(でんじは撒きながらサイクルしたくてとんぼ入れてました
次点で最低限の火力のあるおんがえし(火力があるとは言ってない


居座れることが多くターンもよく消費したので、どくどくの採用が良さそう
ナットレイとかきついのでさっさと引っ込みましょう

でんじはとどくどくの両採用もあり
ラッキーやクレセ、ポリ2といった耐久型にとってこれら技のシナジーが良いというの一般的に知られており、わんこにもそれが割かし当てはまる
(実際ラッキーのような感覚で使用していた

ただそうなると回復技がねむるしかないのがネック
そもそも使用率上位の耐久型ポケモンの片落ち感は否めない


マイナーでパーティー組むなら選んでしまいそうなポテンシャルは余裕である


愛犬家の方いらっしゃいませんか?